読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週5で本屋に行く日記

土日出勤の書店員♀好きな哲学者はアラン(幸福論)好きなお菓子はグリーン豆

アメトーーク!読書芸人第三弾!見ました。

週5日本屋に行く人間の毎日 おすすめ本

仕事でした。



まずはじめに、こちらの書店員さんが番組内容について詳細な部分まで丁寧に記事にしてらっしゃいましたのでご紹介。
とても参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

メモを取って翌日の売り場作りに備えるわよ!なんていう気概は開始10分ほどで消え去りました。だって普通に面白かったんだもん!

面白かったんだもん!の一言で済ますのはあまりにお粗末なので心に残った点をあげると
まず、前回のアメトーーク!読書芸人第二弾。を見た時も思ったのですがみなさん本のオススメの仕方がとても上手いですよね。
芸能人さんなだけあって話術に長けているというのもあるんですけど、あらすじの説明にも感情が入っていて本への愛に溢れてるなぁと、見ていてとても微笑ましくなりました。

途中、本の雑誌編集部の方に又吉さんが
「タレントが書いた書籍が注目されることが多いですが、タレント以外が書いた書籍が注目されるには何が必要ですか?」
というような質問をされていました。
その回答が、
「その本をタレントさんが宣伝する事です。」
と身も蓋もないご回答だったんですが…本当、そうですよね!とテレビの前で頷いてしまいました。
その後書店員のPOPから口コミが広がって売れた本もあるし、本屋大賞などもあるよ。とフォローなさってましたがテレビで人気タレントさんがオススメする。という事の宣伝広告は本当に相当なものだと思います。

昔うちの書店で働いていたベテラン書店員さんが
「ベストセラーの絶対条件ってなんだと思う?普段本を買わない層に買ってもらう事だよ。」
と、おっしゃっていた事を思い出しました。
悲しいかな日常的に本を読まない人が多数を占めているんだと改めて実感しました。

だからこそ、今回の読書芸人で読書芸人大賞を一作に絞らずノミネート作品八作全てを大賞としたのは、私は嬉しかったです。
八作品あればどれかひとつは普段本を読まない方にも好みに合うものがあるはずです。
そこから、読書の道がさらに開ければ良いな。
…なんて人の事を考える前にもっと自分がたくさん読まなくちゃ。と、思いました。

ちなみに今日読みはじめたのはこれ。

林真紅郎と五つの謎 (光文社文庫)

林真紅郎と五つの謎 (光文社文庫)

連作短編集。林四兄弟シリーズの末弟シンクローのお話です。
読み終わったら次男、三男のお話と共にご紹介したいな。

juice=juice武道館ライブビューイングで見ました。

週5日本屋に行く人間の毎日

おやすみでした。



この日は私の好きなハロプロのアイドルjuice=juiceの初の武道館公演という事で、武道館まで行きたかったのですがチケットを取るのに出遅れてしまい微妙な席で見るくらいならライブビューイングでまったり見よう!という事で桜木町駅目の前のコレットマーレ6階横浜ブルク13にて見て参りました!

18時開演だったんですが、45分くらいから会場内の様子がモニターに映し出されていました。
あんなに一般の人を写していいのかってぐらいファンの顔をどアップで撮るカメラマン…。
可愛い女の子ファンが多かったです。あとはつばきファクトリー浅倉樹々ちゃんのTシャツを着たおじ様がアキレス腱を伸ばしていたのが印象的でした!
程なくしてつばきファクトリーオープニングアクトが始まります。前奏のダンスが好きです。肘をねしゅしゅっと出すやつなんですけど。ダンスも歌も相当上手くなった気がします。岸本ゆめのちゃんが小麦肌で夏休みに田舎のおばあちゃんちに遊びに来た!みたいな格好でとても目を引きました。可愛かった。

開演時間前になると映像が流れ出しました。
舞台裏にいるメンバーをネットで生配信してる様子を、また違うカメラで撮影しながら武道館のモニターに流すという、面白い試みでした。舞台袖までその映像が流れ…ついに開演です!
怒涛の好きな曲ラッシュでものすごく嬉しかったです。私の好きなアルバムの曲(愛のダイビング)も歌ってくれて、めちゃめちゃ歌唱力があがっていて感動しましたね〜!

ちなみに、横浜ブルク13はとっても静かでした。チケットにも書いてあるんですが、ライブビューイングは立って声援を送ったりペンライトを点灯することが許されています。
私が見えた範囲では立ってる方は一人もいませんでしたし、ペンライトを点灯してる方も前の方に黄色を振ってる一人だけでした。
私も一応ペンライト持ってきてたんですけど付ける勇気がありませんでした…。

静かな横浜ブルク13とは裏腹に武道館のボルテージは最高潮に達し本編ラストの曲までたどり着きます。KEEPON上昇志向っていう新曲なんですけど、二番の歌詞に

ひとつ夢を叶えたなら
次の夢にシフトチェンジ
思い出に浸る暇あるなら
技を磨け おいしいもん食べよう

ってのがあります。武道館公演という長年の大きな夢を叶えたメンバー達に送る素晴らしい歌詞だなーと思いましたし、自分の今の状況にも通じる所があって少しだけ泣きました。
そしてアンコール、すごく揃ってました。
でも何度聞いても「ジュース!もう一杯!」はダセェ…と思ってしまいます。そのダサさが好きですけど。

メンバーの挨拶ではみんな涙ながらに感謝を言葉にしていたんですが、宮本佳林ちゃんの「パフォーマンスで感謝を伝えたい。パフォーマンスで信頼関係を築きたい」という言葉のかっこよさに私はもう痺れました。
juice=juiceは本当に歌もダンスも上手いんですけど真面目すぎてトークが教科書通りという感じなんですよね。でもこの日の武道館公演のパフォーマンスはそういう欠点も覆すくらいの説得力がありました。本当に素晴らしかったです。

この時、横浜ブルク13では…
隣に座ってる女子が涙を拭っていたり、鼻を啜る音が聞こえたりしていました。みんな感動していました。武道館との温度差を感じていた私でしたが勘違いだったようです。

ダブルアンコールもあり、大円団でライブは終演しました。

私の涙が染み込んだタオルと、使わなかったペンライトです。
最高の休日でした!

横浜市にある ふれーゆ に行きました。

週5日本屋に行く人間の毎日

仕事でした。実は土曜〜月曜が忙しすぎて、この間の日記は火曜にまとめて書いています。



仕事終わりに横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆに行ってきました!念願のプールデビューです。

ここ!東京湾沿い!
川崎市って文字にピンがかぶってますけど、横浜市なんだそうです。
鶴見駅からふれーゆ行きのバスが出てました。

入り口はこんな感じ。建物自体はプールに大浴場に展示温室にレストランと盛りだくさんでめちゃでかいです。
一般受付は二階のようです。水着やゴーグルなどが販売されているロビーを通り抜けて二階へと向かいます。

プールの料金は2時間800円です。
隣に大浴場がありこちらの利用も800円となっています。セット券だと1400円になるのでちょっとお得。今回は遅い時間だったのでプール券のみ購入しました。
券(というかカード)を入場ゲートにかざして2時間以内にゲートに戻ってこないと超過料金が発生するシステムです。
ちなみにロッカーはお金戻ってこないタイプでした。

プールは4つのエリアに分かれています。

水温は31度〜38度位だったかな?
25メートルプールは2レーンのみ完泳になっていて後は自由という感じでした。50メートル泳いでへとへとになってクアプールで休む…というのを繰り返しトータルで200メートル程泳ぎました。
土曜の夜の割にはかなり空いていたんじゃないかなーと思います。家族で来てる方が多かったですね。後はムキムキのお兄さんとか、熟年カップルとかもいました。
流れるプールで仰向けに浮かんで流され続けるのがサイコーでした。気を抜き過ぎて鼻に水入りましたけど。この感覚…そう言えば私子どものよくプールで鼻に水が入っていた!という事を思い出し、痛え〜ってより、懐かし〜が勝りました。
閉館は8時(夏は9時)ですが7時40分になると蛍の光が流れ、50分にはプールから追い出されます。
泳ぎ疲れてへとへとで飲んだ自販機のアイスココアが体に沁み渡りました。

ちなみに帰りに気付いたんですが
喫煙室がなんか良い感じ。

今回は時間があまりなかったので次回は明るい時間帯にリベンジしたいと思います!

どんでん返しおすすめ本!三選

おすすめ本

書店員らしいブログをたまには書いてみようということで、今日は私のオススメどんでん返し本を3冊ご紹介です。

一冊目『どんでん返しの教科書』

彼女が死んだ夜

彼女が死んだ夜


内容(「BOOK」データベースより)
門限はなんと六時!超厳格教育で育てられた箱入り娘のハコちゃんこと浜口美緒。両親を説得し、やっとのことでアメリカ旅行の許可を得た。両親の目を盗んで大学の仲間が壮行会を開いてくれた出発前夜、家に帰ると部屋に見知らぬ女性の死体が!

本作はシリーズ物の一作目で、二作目以降も固定で登場するキャラクターがいるんですが、あんまりここらへんの情報無しに純粋に誰がいつ何をしたのか、推理しながら読む方が楽しめる気がします。

西澤保彦さんの代表作(?)「七回死んだ男」も大変オススメです。タイムリープ×どんでん返しという、好きな人は本当に好きすぎるくらいの設定。に加え伏線がかっちりと全て回収された時の爽快感が素晴らしいです。
でもどんでん返し度は「彼女が〜」のが上ですね。どんでん返し食らった時の私の心境を顔文字で表すと

((((;゚Д゚)))))))

こんな感じ。


二冊目『全てを理解し本を閉じた後、感嘆してしげしげと本を眺める』

最後のトリック (河出文庫)

最後のトリック (河出文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「読者が犯人」というミステリー界最後の不可能トリックのアイディアを、二億円で買ってほしい―スランプ中の作家のもとに、香坂誠一なる人物から届いた謎の手紙。不信感を拭えない作家に男は、これは「命と引き換えにしても惜しくない」ほどのものなのだと切々と訴えるのだが…ラストに驚愕必至!

読者が犯人とは一体どういう事なのか…?と、読み進める間も考え続ける事になります。読み始める前はまさか本当に自分が犯人になるとは思わないじゃないですか、どんでん返しが起こってからは…アレ?これ私犯人…?と慄き、罪悪感まで湧いてくる始末ですから、恐ろしいです。
そして本を閉じた後、上手い事やられたなあ…と感嘆し本を眺める事になるでしょう。そのときのわたしの顔は顔文字で表すと…

( ̄◇ ̄;)

こんな感じ。


三冊目『王道探偵物と思いきや…サービス精神旺盛などんでん返し』

カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)

カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
謎解きだけを専門に扱う探偵事務所に持ち込まれた六つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!メールのやりとりから夫の浮気をあぶり出す「卵消失事件」、三つの和歌からお宝を掘り当てる「兎の暗号」、差出人不明の手紙から父の居場所を見つけ出す「別荘写真事件」など、『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大反響を巻き起こし、練達の愛好家を唸らせつづける著者の連作短篇集、待望の文庫化。

これ私どんでん返しがあるのを知らずに読んだんですけど、リアルに「えっ!?」て声が出ました。えっ、てなった後手で口を抑えちゃうやつです。
乾くるみさんの作品ってエグいどんでん返しが多いですけど、この作品はさわやかに騙されます。その名の通りカラッと、という感じで。
要所要所に真実の要素は描かれてるんですけど、一度読んだだけではなかなか気付けません。
二度読んで楽しめる。と言うのもどんでん返し本の良さの一つだな〜と気付かせてくれた本でもありました。

( ̄▽ ̄)

これがカラッと騙された人間の顔です。


どんでん返し!が好きな私のオススメの三冊を今日はご紹介しました。
タイムリープものも好きなので次回は特選タイムリープ小説をご紹介したいと思います。
読んで頂きありがとうございました。